読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワールドカップに合わせてUnityでサッカーゲームを作ってみた

AppStoreの審査が開幕のブラジル戦に間に合うのかどうか、これが一番の懸案でしたが、1回リジェクトくらったため間に合いませんでした。コートジボワール戦にも間に合わず、何とかギリシャ戦には間に合ったという惨状です。

さて、会社でUnity Proも購入したし、まずは一つリリースしてみようということで、サッカーゲームを作ってみました。 開発期間はかなり短期間です。

Android版はこちら↓

昔ながらのドライブシュート ~ クセになるサッカーゲーム ~ - Google Play の Android アプリ

スタジアムとキーパーはアセットを購入しました。 購入するまで、アニメーションがわからないアセットがあるので、この点ストアを改善してほしいですな。 結局一人目のキーパーは使えないキーパーだったので、二人目を購入しました。 世界中探しても、なかなか理想的なキーパーは見当たらないものです。 あと、サウンドも購入するまで音がわからないというのは、買う勇気が湧かない。。。 時間もないし、サウンドはフリーのものを使いました。

あとは、フリックでドライブシュートを打てるようにして、キーパーのColliderをちまちま作ってやって、ドライブシュートの軌道からキーパーの飛ぶ方向を計算して、飛ばしてやる。 ドライブは、フリックダウンの時間に比例して力を加えています。 距離を使うと、パラメータ調整がかなり難しくなりそうだったので。 ゴールが決まった場所に応じて、1ゴール、2ゴール、4ゴール、8ゴール、16ゴールまで獲得でき、これが一つのインセンティブです。 16ゴールは基本的に幻のゴールで、上隅の限られた領域に限定されます。開発者も3回くらいしか出したことない。

GUIは評判通り、開発しにくい。 NGUI買うべきなんでしょうが、今回はひとまずフリーでやりました。 次は購入かなあ。

あとは実機デバッグがやっぱり問題ですな。 Unity Remoteは素晴らしく、ドライブシュートのフリック部分の開発はこれでかなり助けられました。 が、画質も悪く、GUI周りの確認とか、結局実機出力して確認という作業を何回もやりました。 そんでもってネイティブ出力がとても遅い。

タイトル画像がダサいけど、ダサいからアンインストールするって人はほとんどいないだろうし、他にもいろいろ導入したいものもあったけど、タイムリミットが来たので、ひとまずリリースして、その辺はおいおい。。。 マルチプラットフォームの素晴らしさも享受できたけど、元が取れるかな。

早速、レビューも書いていただきました。 フライングドライブシュートを作ったつもりはなかった。

Unity4入門   最新開発環境による簡単3Dゲーム製作

Unity4入門 最新開発環境による簡単3Dゲーム製作