カオス的挙動をBlenderのpythonスクリプトで作成

Blenderシリーズ第3段はカオス的挙動に挑戦してみました。

カオス的挙動

Blenderでは簡単に力場を設定できるので、もしかしたら簡単にカオス的挙動が作れるのではと思い実際にやってみました。
結果は最後に動画を載せておきますが、それっぽい動きをしてくれました。
序盤でポテンシャルの谷に捕まったかと思いきや、抜け出して全く違う方向に進むのが良い感じです。
結果が面白かったので力場の値を強くしましたが、動きが速すぎるのがちょっと残念でした。
もちろん力場の値を弱くしてもそれっぽい動きはしてくれます。
5つ設定した力場の内、真ん中が斥力、他の4つが引力に設定されています。

pythonスクリプト

下記が実際に使用したpythonスクリプトです。
玉と球形の土台を用意して、5つの力場を設定するだけです。
力場を設定するときになぜかbpy.ops.object.forcefield_toggle()を2回呼ぶ必要があったので注意して下さい。
pythonファイルの使用方法は以前の記事を参考にして下さい。
Blenderのバージョンは剛体シミュレーションが簡単になった2.66以上をお使い下さい。

# -*- coding: utf-8 -*-

import os
import bpy
import math

# 球を作成 (ブーリアンで使用した後、シミュレーションで使用)
bpy.ops.mesh.primitive_uv_sphere_add( location = ( 0, 0, 1 ) )
sphere = bpy.data.objects["Sphere"]
bpy.ops.object.shade_smooth()

# 球を後々の為に動的オブジェクトに指定しておく
bpy.ops.rigidbody.object_add()
sphere.rigid_body.mass = 0.1
sphere.rigid_body.friction = 0.0

# デフォルトで存在する立方体から球をブーリアンで引く
cube = bpy.data.objects["Cube"]
bpy.context.scene.objects.active = cube
bpy.ops.object.shade_smooth()
bpy.ops.object.modifier_add( type = 'BOOLEAN' )
cube.modifiers["Boolean"].operation = 'DIFFERENCE'
cube.modifiers["Boolean"].object = sphere
bpy.ops.object.modifier_apply( modifier = "Boolean" )

# 立方体を静的オブジェクトに指定
bpy.ops.rigidbody.object_add( type='PASSIVE' )
cube.rigid_body.friction = 0.0

# 球を転がす用のサイズに変更
sphere.location = ( 0.9, 0, 1 )
sphere.scale = ( 0.1, 0.1, 0.1 )

# 5つの空のオブジェクトを配置
bpy.ops.object.empty_add(type = 'SPHERE', location = (0, 0, 0 ))
empty0 = bpy.data.objects["Empty"]
bpy.ops.object.empty_add(type = 'SPHERE', location = (0.7, 0, 0 ))
empty1 = bpy.data.objects["Empty.001"]
bpy.ops.object.empty_add(type = 'SPHERE', location = (0, 0.7, 0 ))
empty2 = bpy.data.objects["Empty.002"]
bpy.ops.object.empty_add(type = 'SPHERE', location = (-0.7, 0, 0 ))
empty3 = bpy.data.objects["Empty.003"]
bpy.ops.object.empty_add(type = 'SPHERE', location = (0, -0.7, 0 ))
empty4 = bpy.data.objects["Empty.004"]
empty = [empty0, empty1, empty2, empty3, empty4]

# 空のオブジェクトに力場を設定。なぜかforcefield_toggle()を2回呼ぶ必要がある
for e in empty:
  bpy.context.scene.objects.active = e
  bpy.ops.object.forcefield_toggle()
  bpy.ops.object.forcefield_toggle()
  e.field.strength = -300

empty0.field.strength = 250

# カメラ
bpy.data.objects["Camera"].location = ( 2, 2, 5 )
bpy.data.objects["Camera"].rotation_euler = ( math.pi/6, 0, math.pi*3/4 )
bpy.data.cameras["Camera"].lens = 30

# 照明
bpy.data.objects["Lamp"].location = (0, 1, 10)
bpy.data.objects["Lamp"].rotation_euler = ( -math.pi/60, -math.pi/120, math.pi/12 )
bpy.data.lamps["Lamp"].type = 'SUN'

# 物理シミュレーション
bpy.ops.ptcache.bake_all()

# 動画作成
bpy.context.scene.render.resolution_x = 400
bpy.context.scene.render.resolution_y = 300
bpy.context.scene.render.resolution_percentage = 100
bpy.context.scene.render.image_settings.file_format = 'AVI_JPEG'
bpy.data.scenes["Scene"].render.filepath = "test.avi"
bpy.context.scene.frame_start = 0
bpy.context.scene.frame_end = 250
bpy.ops.render.render(animation=True)

# 保存
savePath = os.path.abspath(os.path.dirname(__file__))
bpy.path.relpath(savePath)
bpy.ops.wm.save_as_mainfile(filepath="test.blend", relative_remap=True)

動画完成

それではカオス的挙動を動画でご覧下さい。

Blender2.6マスターブック

Blender2.6マスターブック