読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空前のパズルブームを予想してCocos2dでパズルゲームを作ってみた

 この度、弊社よりパズルゲームFuse 〜 導火線パズルドカーン! 〜』(以下『Fuse』)がリリースされました。

 開発はCocos2d-x 2.2.2で行ないました(今までちょこちょことCocos2d-x関連の記事があったのは、これのための研究のせい*1)。  本当は3.0系を使おうと思ったのですが、その時はまだalpha版だったのでやめておきました……C++11で多少使い易くなっただけで、本質的な機能改善はあんまりなさそうでしたし。

 さて、Fuseの話に戻りましょう。  ルールは簡単、画面の上の方に並んでいる導火線パネルを下に置いて、爆弾と爆弾の間を導火線パネルで繋いで爆破するだけ!

f:id:cflat-inc:20140623094351p:plain

 ステージ数は全60+隠し1。クリア時にTwitterFacebook・LINE等に投稿できる仕組みを備えています。  この辺りの仕組みを、iOSでもAndroidでもなるべくCocos2d-xから共通で呼び出せるよう、一部、Objective-C++やJava+JNIにて開発。JNI部分については後日、別途記事にしてみたいと思います。

Cocos2d‐x開発のレシピ―iOS/Android対応

Cocos2d‐x開発のレシピ―iOS/Android対応

*1:結局、Android例のGLSLを走らせるのは不安要素が大きすぎたので、結局断念したのですが……。