読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホアプリ開発初級者向け!今流行りのアプリ内アイコン型広告

こんにちは、株式会社CFlatです。

前々回の記事で、アプリ内広告の種類とメディア一覧について、まとめました。
アプリ開発初級者向け!アプリ内広告の基礎知識と各種メディア一覧

今回の記事では、はやりのアイコン広告についてまとめてみたいと思います。

アイコン広告とは

その名の通り、アイコン形式の広告です。
画面を(あんまり)汚さずに済みます。
カジュアルゲームだと、一般的になりつつある広告だと思います。

アイコン広告のメディア一覧

アスタがメジャーですが、ここ最近になって、他メディアも続々と対応してきています。
それだけ利益が出やすいのでしょう。

ただし、これは日本だけで流行っている広告形態のようです。
海外メディアも調べてみたのですが、見つからず、
海外広告事情にも詳しい広告会社の方に聞いても、ないのでは?というお話でした。
つまり、アプリを海外向けにも対応する場合、現状ではあまり向いていないかもしれません。

アイコン広告を使う際の海外対応

とはいえ、弊社アプリは海外対応もしつつ、アイコン広告も掲載しています。
どういう対応をしたのかを少しご紹介します。

最近リリースした弊社アプリでは、アスタを採用しました。
アスタは自社広告を掲載することができます。(もちろんアイコンの登録は必要です。)
さらに、アスタは、自社広告の配信比率を調整できます。

海外向けには、国内向けとは別の広告枠を作成します。
海外向け広告枠では、自社広告配信比率を最大に設定して、
他の自社関連アプリの広告に使用しました。

ただ、通常、アイコン広告は紹介名(アプリ名とか、アプリ名を短縮したものとか)を添えて表示するため、
各言語ごとの紹介名が必要になります。
現状のアスタだと、サービス側で言語ごとに紹介名を切り替える機能がないので、やるとすれば各言語ごとに広告枠を作成する必要があります。
が、とても大変ですね。
弊社アプリでは、海外版では、紹介名を表示しないようにしています。

この辺り、今後どういう方向に業界が動いていくのか、興味津々です。

終わりに

弊社はアスタを採用しましたが、前回の記事でも紹介したように、
アイコン型広告に対応したSSPも出てきています。
これからは確実にSSPが一般的になっていくと思います。

先日、弊社のiPhoneiPad新作アプリ3本をAppStoreで公開しました。
広告導入の参考にもなると思うので、皆様ダウンロードしてみてください。

今回はここまで。
次回は、もう一つの流行りの広告タイプ、全面広告についてまとめてみたいと思います。
それでは。